坂本 昭彦(sakamoto akihiko)

陶楽庵 代表

  • 昭和36年、熊本県天草市河浦に生まれ
  • 中学卒業まで河浦で暮らし、16歳の時に自衛隊に入隊
    勤めていく中で陶芸体験を通じ、趣味として陶芸を始める
  • 定年3年前から手びねりを主体に本格的に陶芸に取り組み始める
  • 平成27年12月、約38年間勤めた自衛隊を定年退職
  • 定年後河浦町へ帰郷し、山田氏と出会う
    地域の文化、観光に少しでも貢献する為、陶芸教室を始める

山田 也有(yamada nariaki)

専属講師

  • 長崎市現川にて現川焼 土龍窯 向井氏に師事
  • 長崎の自宅に窯を購入、陶芸教室を開講。20年のべ200人以上の生徒をもつ。また、2名を弟子としてもつ
  • 東京にて約10年陶芸教室を開講。のべ100人以上の生徒をもつ。また、生徒のうち1名が窯を購入し、ひとり立ちをする
  • 2012年 天草へ移住。天草陶石というすばらしい石ある地に陶石に負けない土もあるはずとの思いで河浦町へ
  • 坂本氏と出会い、その志に共鳴し「天草 陶楽庵」の立ち上げ協力を行うとともに専属の講師に就任

30年の経験で思う事
作品は人により異なる物。土によっても変わる、窯によっても変わる。感性は磨くことができる